隣に司法書士が引っ越してきた

ここまで変わった、今時の老人ホーム

ここまで変わった、今時の老人ホーム

一昔前までは、老人ホームはお年寄りの身の回りの世話を介護者がし、歌や踊りなどのレクリエーションをする終の棲家のイメージがありました。
しかし、最近の老人ホームは違います。
病院のような個室から、マンション型の個室に変更。
自炊できるようにキッチンの設備があり、一人暮らし感覚で住める老人ホームが増えているのです。
体調不良等になれば、室内のインターホンで施設の職員に知らせる事が出来るので、安心感もあります。
マンション型の住居とは別にレクリエーション施設があるのが、今の老人ホームの凄い所です。
レクリエーションの内容は、ヨガ、陶芸、料理、フラダンス等、ビリヤード場等も備えられ、入居者の社交場となっています。調べてみたい人はここ⇒老人ホーム 八王子参考にどうぞ。

 

老人ホームは年をとってから入るものと思われてましたが、今は元気な内に入居して友達を作ろうと定年退職後に入居する方もおられます。
昔と違い、今のシニア世代は元気な方が多くおられます。
今後の老人ホームもきっと元気なシニア世代を意識した、素敵なホームになる事でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ